働くとは?

2015/11/12 │ 新着情報

おはようございます!!
就労移行支援事業所「ジョブシティパートナーズ」の鈴木です。
今日は寒いですね(>_<) みなさん風邪をひかないように気をつけて下さいね! さてさて、今日は「働くとは?」についてとても共感できる内容をご紹介します!! 人は、何のために働くのでしょうか?大山康弘さんの著書「働く幸せ」の中で次のように述べています。 「人間の究極の幸せは次の4つです。その1つは、人に愛されること。2つは、人にほめられること。3つは、人の役に立つこと。 そして最後に、人から必要とされることです。働くことによって、このうち3つも幸せを得ることができるのです。 障害があっても施設等で保護されるより、企業で働きたいと願うのは、社会で必要とされて、本当の幸せを求める人間の証なのです。 働くことによって、その報酬としての給料をいただくことができます。自立し生活していくためにも、働くことで生活リズムを作ったり、 心身の健康を保ったり、仕事をしていくうちに自分が好きなことを見つけ出し、それを実現したりしていくために働くことは必要です。 働くことを通して人や社会から認められたり、人や社会に貢献したりすることに満足を感じ、社会の中で役割を果たす喜びとして働くことがあります。 これは、職場の人やお客さんから「ありがとう」と感謝されたり、「よくやったね」と評価されたり、 自分の仕事の結果が社会で役立っているのを見聞したりすることで得られます。 企業からは、働こうとする意欲、社会性やコミュニケーションの力が大切であるとよく言われます。 働こうとする意欲は、働くことの意義をどのようにとらえているかにかかわっています。 「働かなければいけないから働く」「働きたいから働く」を超え、「自己実現のために働く」ようになることが理想です。 働くことの動機がより強固なものであれば、自ずと働くことに必要な力が身についてきます。 ジョブシティパートナーズで、少しでも「自分なりの働く意義」を見出せれば幸いです。 ちょっと長くなりましたがどうですか? 一人で悩んでいても前に進めないこともありますので。。。「共に考え、共に学び、共に歩みながら」 共に「自分なりの働く意義をみつけましょうね!」 それでは、今日も皆様にとって幸せな一日になりますように!!

PAGETOP